今はすぐに更新しても、不具合はほとんどなくなった

数年前までは、ワードプレス本体、プラグイン、テーマが更新されたときに、すぐに更新してしまうと、不具合を起こし、レイアウトが崩れたり、エラーコードが吐き出されたり、最悪な場合は画面が真っ白になって管理画面に入れないこともありました。テーマはそれほどではないですが、ワードプレス本体、プラグイン、テーマに大きなメジャーアップデートがある場合は想定されました。

しかし、最近は、そのような不具合を起こすことはめったになくなりました。

ただ、頻繁なアップデートがあるので、更新する手間が意外とかかり、特に、あまり記事を作成しない場合は、更新通知が山のようにたまっていることがあります。それはそれで、セキュリティの脆弱性が見つかって更新されてたりするので、長期間は無視できません。

自動更新機能を活用

実は、ワードプレスの5.5からプラグインを自動更新できるような使用になり、それを利用しても問題ないかなと最近思っています。

ただ、ちょっと心配なプラグインがある場合は、それだけ手動更新にして、残りは自動更新にしてしまうといいでしょう。

自動更新にする方法は、プラグイン一覧の画面で、右の方にある「自動更新を有効化」をチェックすればOKです。まとめて自動更新にする場合は、左上にある「一括操作」をクリックしてドロップダウンリストから「自動更新を有効化」にして、左端にチェックを入れればいいです。多い場合は上の方の一括チェックをクリックしてから、自動更新したくないプラグインのチェックを外すといいでしょう。

テーマを自動更新するには、外観>テーマの一覧画面で、該当のテーマの詳細をクリックして、右上の方に「自動更新を有効化」というのがあるのでクリックしてください。

テーマ・プラグインともに、「自動更新を無効化」をクリックすれば、手動更新になります。

ワードプレス本体は手動更新でいいと思いますが、メジャーアップデート以外はリスクが少なく、またマイナーアップデートは自動的に更新してくれますので、あまりさわる必要がないと思います。1年に1回ぐらいあるメジャーアップデートだけは、しばらく様子を見る方がいいかもしれません。

自動更新を有効化すると、更新するたびに、通知メールがくる(うっとおしいいのでオフにしたい)

実は、標準では通知をオフする機能がないので、コードを書きこむか、プラグインを使います。

コードはおなじみ「function.php」に追記するのですが、重要ファイルなので慣れていない人はさわらないほうがいいかもしれません(失敗すると画面が真っ白になり管理画面に入れなくなります)。

プラグインは「Disable Emails」になりますが、更新通知意外の通知もオフになってしまうため、困る人は使わないほうがいいかもしれません。

「function.php」に追記

//「Wordpress本体」の自動更新メール通知を停止する
add_filter('auto_core_update_send_email' , '__return_false');

// 「プラグイン」の自動更新メール通知を停止する
add_filter( 'auto_plugin_update_send_email', '__return_false' );

// 「テーマ」の自動更新メール通知を停止する
add_filter( 'auto_theme_update_send_email', '__return_false' );

参考にしたサイト記事