クレジットカード決済は機会ロスにつながるので導入を検討しましょう(BASEという裏技も)

事業をしている私の友人が外国人の団体様から料金を一括して支払ってもらおうとしたところ、クレジットカードを出してきたのですが、あいにく現金決済しか対応していませんでした。

仕方がないので、一緒に近くのコンビニを回りましたが、うまく現金を引き出せず、銀行まで行って、何とか引き出せたそうです。

みんさまは財布の中にどれぐらいの現金を持ち歩いてますか?

私は多くても1万円ちょっとです。

高額の支払いにはクレジットカードを使いますし、低額であれば電子マネーを使います。

旅行中の外国人客が決済できなかったら、トラブルになったりしますよね。

外国ではカード決済が当たり前ですので。

また、展示会販売などで1万円以上のアクセサリーを販売しているときなど、急に買いたくなっても、現金を持っていなかったり、冷静に考えてみると、そこまで欲しくないかなと鳴ってしまうこともあります。

しかし、カード決済ができると、財布の紐がゆるくなり、売り上げアップにもつながります。

クレジットカードの決済端末はさまざまな代行業者等がサービスとして提供しています。

もちろん、手数料は必要ですが、このような事態に備えて、準備しておくことが、のとのちの手間がかからなくて済むのです。

私はネットで通信教育をしており、銀行振り込みをお願いしていますが、消費者にとっては振込手数料がかかったり、銀行に行って間違えないように入力して、など手間がかかります。私もクレジットカードの決済の導入を検討しています。

例えば、ある低料金の決済代行会社の料金設定を紹介します(SUIクレジットサービス

クレジットカードの決済端末

さまざまなサイトで比較記事が書かれていますので検討てください。

【裏技】ネットショップBASEによる決済システムの導入

決済代行業者と直接契約すると、結構手間がかかったり、思った以上に手数料が必要だったりします。

そこで、すでに決済システムが導入されているサービスを使うという裏技?があります。

ネットショッピングシステムです。

多くのネットショップサービスは登録に月会費が必要だったりするのですが、BASEは無料で登録できます。

BASEの中の決済システムを使うと、それに応じた手数料が必要なのですが、手数料は最低ランクではないでしょうか。

5000円の決済に対して、5000円×3.6%+40円=180円+40円=220円 です。
10000円の決済に対して、10000円×3.6%+40円=360円+40円=400円 です。

ちょっと魅力的と感じませんか?

ネットショップをする気がなくても、決済システムだけ利用するという方法にして、お客様には、スマホの端末でログインして決済してもらうという選択肢もいいのではと思ったりします。

BASEについてはこちらをご覧ください。